わたしがわたしであるために。


by purnatur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

5日目。晴れ。
アップダウンの激しい坂が癖になり、一人自転車で島を散策。
気持ちよく下り坂を降りる度、「これ帰り登るの〜〜〜〜っ???」っと苦笑い。でも、左は海、右は山の景色を見ているうちに島一周出来そうな気分になる。

ちなみに島一周は8〜12時間位。…次回に持ち越す。

途中目の前に何度もヤクシカサルが現れる。ヤクシカは小さくて、純粋そうで、後光が射している様で美しい。

アスリート気取りで坂と格闘していると、途中何人かの地元の方が「引っ張ってってやろかぁ〜」と車からニコニコ声をかけ追い越していく…。何だかあったかい。そして恐怖の登り坂西武林道近く、さすがに自転車をひき歩いていると…親切な地元の方と遭遇!車で西武林道、果ては自力では行けそうになかったその先の浜辺まで、およそ2時間もの間、島をぐるりと案内してくれた。

車の中では屋久島の話、地元の人が思う屋久杉の話等が聞けて楽しかった。1人の方は近くの島・口永良部島出身の方で、次回は是非そちらにも!と約束して別れた。

西武林道から自転車で引き返し16時。先日行った陶芸へ。ここ「新八野窯」は親子でやられている工房で、先日教えて下さったのは息子さん。今回はお父さんに「手びねり」を習う。とにかく珊瑚を使った青い器がとっても素敵で、すっかりファンになる。作品はもちろんの事、お2人共とても話しやすく素敵な方。終わった後も色々お話をして(「新八野窯」日記の7/6に少しだけ私の事書いて下さっています)、夕飯の時間が迫っていた為、慌てて宿に帰った。


結局この日は朝9時半に宿を出発し、戻ってきたのは19時。
9時間たっぷり屋久島を堪能し、汗もかき、大満足の一日だった。


6日目。快晴。
いよいよ最終日。今までで一番の青空。空港行きのバスの時間まで近くを歩いて散策。本当にいつまででも居たくなる。そして絶対また来ようと改めて思う。12時。宿に別れを告げ空港に。行きに一緒だったみっちゃんと合流。みっちゃんが滞在中エコツアーで一緒だったマダムの姉妹を紹介してもらう。とっても個性的なご姉妹(妹さんはペルー在住)で、屋久島やパン作りや陶芸等の話で盛り上がる。

東京に近づくにつれ人が溢れ、慌ただしい気持ちになったが、帰りにまで素敵な出逢いが待っていて、とても心が豊かになった。

あっという間の5泊6日 屋久島の旅だった。



本当にまた行きたい、大好きな場所になりました。
森に佇めば、本当に不思議な気持ちに包まれるし、
島を自転車で走ってお気に入りの場所を見つけたり…
まだまだ自分の楽しみ方が沢山見つかりそうな島でした。

そして何より、出逢った仲間達は、皆とにかく愉快で
屋久島を愛している人達でした。

皆それぞれがマイペースだけれど 親切で
またきっと屋久島で一緒になりたい仲間でした。

やっぱり旅は最高です!
そして屋久島最強です!

絶対また行くぞ〜!

[PR]
by purnatur | 2009-07-07 00:04 | 日々の暮らし
ヤバいヤバい!
またお蔵入り旅日記になるところだった!
やっぱり旅日記はその日に書いておかないとダメですね…。

でも記録の意味も含め、どんな日々だったか記しておこうかと。
屋久島に行く時の参考までに、お暇な時にでもおつきあいを(笑)


「苔に包まれたい…」

それだけ決めて出発した屋久島。

毎日天気と相談しながら、行きたい場所が同じ時は、宿で一緒になった仲間とレンタカーをシェアして森に出かけ、皆が海でカヤックをする時は、一人自転車で島を散策して楽しんだ。


1日目。晴れ。
夕方屋久島空港に到着。
バスを待つ間、一緒の飛行機に乗っていた女性・みっちゃんに声をかける。滞在先は違うが、どこかで会えたらと名刺を渡す。バスの運転手のおじちゃんはとても朗らかで、島らしさが伺える。宿に到着。宿主Cさんと、お手伝いに来ていたぷっちゅんヤン豆ちゃんと合流。早速楽しい宴がスタートする。


2日目。くもり。
「もののけ姫の森」で有名になった「白谷雲水峡」へ。
ヤン豆ちゃんと6時間コース。
観光地になってしまいコミコミかと思いきや、時が止まったかの様な静かな森。苔に包まれた木々。雨でしっとりとした苔が光ってとてもキレイだった。


3日目。雨のち晴れ。
皆で「屋久杉自然館」へ。
昨日見た屋久杉の歴史や成り立ちをお勉強。
知らずに見るのと、知ってから見るのとではやはり違う事を実感。
午後は晴れてきたので皆と別れ、一人自転車で陶芸へ。ロクロを初めて体験。土に癒され、心地良い集中力を楽しむ。


4日目。晴れ。
宿主一押し「ヤクスギランド」へ。
やっち&もこもこちゃんと8時間コース。
遊園地の様な名前とは裏腹。オススメ通り、バリエーション豊富で面白いコース。行きは楽しみながらも黙々と山登り。太忠岳頂上の岩で特製おにぎりを頬張る。眺めサイコー!帰りは「もののけ〜」の様な苔の世界。シンドイながらも意外とあった自分の体力に微笑みながらの楽しい登山だった。また行きたいコース。
[PR]
by purnatur | 2009-07-07 00:03 | 日々の暮らし
今回はまったくの一人旅。

女ひとり。免許なし。
おまけに屋久島は雨が多い。

雨でも楽しめる居心地良い宿がいいなぁ…
と、探し始めてすぐに一軒の宿を発見!

ログハウス風な外観と、木の香りのしそうな室内。
まさに好み…。

しかし…男女別相部屋(2段ベット・ロフト計5人)。

う〜ん。知らない方と、プライベートなく一週間もやっていけるかしら私…と一瞬考える。

でもすぐに、「何とかなるか!」と思い、宿に電話。

すると宿主も旅人で、ポリシーもとっても共感がもて即決定〜!

「色々相談にものれますので、まずはいらしてください」
と心強いお言葉頂き、何だかとってもワクワクしてきたのでした♪

そして行ってみて…

本当に楽しい宿でした♪
元々ホテルよりは民宿に泊まる事の方が好きだったけれど、
民宿よりもこういう旅人宿の方が私には合っていたみたい。

居間での夕食の後は、そのまま皆で呑み会開催。
自己紹介や、その日行って来た所の感想なんかを語り合う。

毎日呑めるなんて幸せ♪な私は
屋久島芋焼酎「三岳」を一升瓶でボトルキープ

呑む気満々♪でしたが
次の日の山登りを考えると普段の様にはいかず…。

でもとってもおいしいお酒に楽しい仲間。
毎日がとっても愉快な宴でした。

出逢った素敵なメンバーは次回紹介します♪


*プライベートな空間なので宿の名前はあえて書きませんが、もしも屋久島に行く方いたらこっそり聞いて下さいね♪
[PR]
by purnatur | 2009-07-07 00:02 | 日々の暮らし
定額給付金なんて、あっという間に使っちゃってありがた味がないわ!なんて思っていましたが。

今回の屋久島の旅。航空会社が「定額給付金バーゲンフェア」なるものを企画してくれたおかげで、鹿児島までとっても安く行くことが出来ました!

旅は安く(行って)長く(居る)が私のモットーですから。

本当は、奄美に転勤になった友人に会いに奄美を旅する予定だったのだけれど、奄美は皆既日食&直行便がある為か、気付いた時にはキャンセル100人待ち!!

奄美〜屋久島は諦め、屋久島にゆっくり滞在しよう♪と決めたのでした。

それにしても…「皆既日食」人気は凄いものがありますね。

心ない人が島を訪れて、島を荒らしません様に…。
[PR]
by purnatur | 2009-07-07 00:01 | 日々の暮らし

念願の屋久島へ

a0093698_1521728.jpg

5泊6日のひとり旅に行ってきました。

訪れる前からわかっていたことだけど…
やっぱりハマってしまいました。

ひとりでのんびりと、色々な楽しみ方の出来る場所でした。
大好きです。

素敵な出逢いも沢山あったので、
どんなことをしていたのか、また報告しますね!
[PR]
by purnatur | 2009-07-07 00:00 | 日々の暮らし